落語の舞台を歩く

落語の舞台となっているところをぶらりと歩いたときの覚書です。
噺によっては実際にその場に行くとあまりにもイメージと違ったり、昔と雰囲気が変わっていたりして、かえって落語をするときの邪魔になったりすることもあるのですが・・・。

 

ちょっと旅気分で。

「猿後家」 の奈良を歩く

 

 

 

 (チラシをclickすると詳細へ)

kobe
kobe